オーダー家具と一般の家具の違いとは?

経験豊かな家具職人が携わったアイテムを注文できる

オーダー家具は、経験豊かな家具職人に製図から製作までの作業を依頼できるため、量産品の一般の家具とは違い、世界に一つしかない家具を好む人にとって大きな魅力があります。また、オーダー家具の受注製作を専門としているメーカーの中には、顧客の予算に合わせて木材や各パーツ、デザインを自由に組み合わせることができるところも多く、家具を注文する段階から楽しめるといった利点もあります。最近では、大手を中心に既製品の二倍程度の価格でオーダーを受け付けている家具メーカーもあり、従来よりも気軽に注文することが可能です。なお、小型のオーダー家具であれば一週間程度で製作ができることもあるため、早めに信頼できるメーカーに相談をすることがおすすめです。

購入をした後も手厚いサポートが期待できる

オーダー家具は、購入後に故障や不具合が生じた時に手厚いサポートを期待できるものが多く、一つの家具を長く愛用したい人におすすめです。例えば、頑丈な素材を使用しているオーダー家具については、数年おきに適切な方法でメンテナンスを行うことで、十年以上にわたり使用し続けることも可能です。また、オーダー家具のアフターサポートの対応は、メーカーによって違いがありますが、一般の家具よりも保証期間を長めに設定しているところが少なくありません。そうした中、サポートの良し悪しを重視してオーダー家具を購入したい時には、各地のインテリアショップやホームセンターを訪れて、一般の家具との相違点について詳しく説明を受けると良いでしょう。

© Copyright Ordered Among Furniture. All Rights Reserved.